未分類

【ブログ・サイト】Google Adsenseで月3万円達成!かかった時間と投稿数、PV数をシェア!

こんにちは。マーてぃんです。

2019年4月に英語学習サイト「ある英語講師の英語研究部屋」を設立してから、2年と3ヶ月を経てようやく月の収入が3万円を超えました。

2年と3ヶ月の間に、5つのサイトを作り、総投稿数は441、掛けた時間は少なく見積もって1,323時間、収益の総額は337,107円です。

今回の投稿では、ブログやサイトを作成し、主な収益をGoogle Adsenseで得ようとしている方への参考になるように、私のこれまでの活動内容をシェアしたいと思います。

サイト作りを始めた経緯

私が最初に作ったサイト(ブログ)は、2017年7月に作った「はてなブログ」というサービスで始めた日記的なブログで、主に個人的に日々感じたことを書いていました。当時は会社員をしながら、会社が終わった後の時間を使ってブログを書いていました。たまに仕事中にもやってました。。すみません。

ブログを始めたのは、ブログでサラリーマンの月収を超えるくらい稼いでいる人がいるという情報を知ったからで、当時は私と同じように「はてなブログ」でブログを始める人が多く、自分にもお小遣いくらいは稼げるだろうと思い、そのブームに乗った感じです。

結局100記事くらい書いたと思います。稼ぎは多くないですが月に2000円くらい稼げていたと思います。

当時感じていたことは、時間をかけたわりにはあまり稼げず、結局その時間でバイトしたほうが全然稼げるな~

という思いと、なんとなく自分のブログはつまらない意味のないものに思えたのです。

ブログで本格的なアフィリエイトをやれば、もっと稼げたのかもしれませんが、自分がお金を貰うためだけにある商品を紹介するような記事を書くのには抵抗があったのでやりませんでした。自分が本当に良いと思った商品だけを紹介できれば良いのですが、コストと時間がかかるのでそれはできないと感じていました。

結局のところその日記的なブログは、2年ほど経った後に閉鎖しました。

そして、2018年7月末に7年半働いた会社を辞めるのですが、辞めた後には教育の分野に進もうと決めていて、その活動の中で、そうだ!自分の勉強を記録しよう!と思い2019年4月に新しいサイト「ある英語講師の英語研究部屋」を設立しました。

気付けばサイトを5つ作っていた

「ある英語講師の英語研究部屋」を作ってすぐ、2019年5月には2つ目のサイトで古文・漢文の学習サイト「国語 古文 漢文 徹底研究」を設立しました。

仕事を辞めていたので、時間がたっぷりあり、1年くらい本気でサイトを更新すれば月10万円くらい達成できるのではと期待していましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。

2020年3月には、友達の影響もあり、年齢制限ギリギリで申請したワーキングホリデービザでオーストラリアに行くことになりました。英語の学習サイトを作っているので、英語力、特にスピーキングとリスニングを伸ばしたいと思いで決意しました。

2020年9月には「日々の学びの記録」というサイトを作り、日常生活の中で疑問に思って調べたことをまとめるサイトにしようとしましたが、情熱が薄く、忙しかったため時間もなく、サイト更新を断念しました。しかし、この「日々の学びの記録」は2021年に「マーてぃんのモテる男の趣味ラボ」という名前に変えて、私の趣味を記録するサイトに変更しました。ただ、このサイトも2021年6月に「マーてぃん学校」という名前に変え、まさにこのサイトなのですが、これまで書いてきた学習用の記事をアクセスしやすいようにまとめたサイトを作りたかったので、インターネットで学べる学校というコンセプトに変えました。このコンセプトはトップページのみに適用することにし、目に見えないところに当記事のようないろんな情報を投稿してサイトのドメイン力を上げるという方針にしました。

2021年5月には、私が日本語講師養成講座を受講し始めたのをきっかけに、外国人が英語で日本語を学べるサイト「JPGRAMMAR」を作りました。

また、2021年7月に、日本人が外国人に日本語を教える手助けとなるようなサイトを作りたいという思いから「外国人に日本語を教えよう! - 今日から君は日本語教師」を作りました。

投稿数と収益及びPV数の推移

「ある英語講師の英語研究部屋」の2019年4月から2021年7月に至るまでの投稿数と収益及びPV数の推移は次の通りです。

  投稿数 ユーザー PV サイト全体の収益(¥)
2019年4月 16 45 1391 0
2019年5月 29 149 2534 104
2019年6月 34 188 1699 70
2019年7月 68 582 3713 422
2019年8月 87 808 3845 126
2019年9月 91 1292 4306 227
2019年10月 91 1942 6512 609
2019年11月 91 2366 7587 412
2019年12月 151 2723 9312 1009
2020年1月 196 4145 13030 922
2020年2月 233 3696 11487 920
2020年3月 247 4718 14152 3648
2020年4月 261 9054 25324 2603
2020年5月 292 20517 54344 3773
2020年6月 295 22975 61293 6254
2020年7月 295 24318 62969 5744
2020年8月 295 21699 56102 6109
2020年9月 295 23934 62230 6482
2020年10月 295 30405 77413 5772
2020年11月 295 30895 76960 7382
2020年12月 295 31437 78564 6628
2021年1月 295 35466 90269 6022
2021年2月 295 33302 86188 8039
2021年3月 329 29902 77960 7432
2021年4月 339 38756 98285 7283
2021年5月 341 53638 136434 10512
2021年6月 343 48761 124069 10077
2021年7月 343 37176 96679 8969

2021年7月の時点で、投稿記事数は343、月間PV数は約10万PV、サイト全体の収益は約9,000円でした。

「国語 古文 漢文 徹底研究」の2019年4月から2021年7月に至るまでの投稿数と収益及びPV数の推移は次の通りです。

  投稿数 ユーザー PV サイト全体の収益(¥)
2019年5月 5 6 156 0
2019年6月 8 103 1019 1
2019年7月 10 242 1380 11
2019年8月 10 376 1610 43
2019年9月 26 605 2492 91
2019年10月 44 1480 5180 160
2019年11月 54 2417 7410 398
2019年12月 67 3638 10886 388
2020年1月 69 5512 15714 1310
2020年2月 69 5655 16317 1975
2020年3月 69 6638 19018 1942
2020年4月 69 21358 60666 3565
2020年5月 69 47398 132352 7694
2020年6月 69 46217 131454 8979
2020年7月 69 55919 156200 12631
2020年8月 69 46991 134454 12252
2020年9月 69 47739 135853 11403
2020年10月 69 63166 179124 13456
2020年11月 69 58774 167534 13950
2020年12月 69 67536 194773 15367
2021年1月 69 71742 211514 13858
2021年2月 69 60989 175055 13999
2021年3月 69 47136 139852 14267
2021年4月 69 60368 177135 13603
2021年5月 69 90015 262120 18125
2021年6月 69 85551 258638 19057
2021年7月 69 72328 229776 21032

2021年7月の時点で、投稿記事数は69、月間PV数は約23万PV、サイト全体の収益は約21,000円でした。

他の3つのサイトに関しては、まだ作成したばかりなので、収益化はできていません。

つまり、2つのサイトのみでサイト収入月3万円を達成したことになります。

Google Adsenseで稼ぐにはテーマ選びが重要

「ある英語講師の英語研究部屋」と「国語 古文 漢文 徹底研究」のデータを比較すると面白いことが分かります。

「国語 古文 漢文 徹底研究」のサイトは2020年1月の更新が最後で、1年半投稿をしていないのにも関わらず、PV数や収益が少しずつ上昇していることが分かります。

収益の面では、「国語 古文 漢文 徹底研究」の方が「ある英語講師の英語研究部屋」の2倍以上稼げています。PV数も2倍以上です。

投稿数をみると、2021年7月時点で「国語 古文 漢文 徹底研究」は69であるのに対し、「ある英語講師の英語研究部屋」はその約5倍の343です。

つまり、「ある英語講師の英語研究部屋」は「国語 古文 漢文 徹底研究」の5倍以上の努力をしているのにも関わらず、「国語 古文 漢文 徹底研究」の半分も稼げていないのです。

この結果の理由のひとつに、「英語」というジャンルがライバルが非常に多いのに対し、「古文・漢文」というジャンルはライバルが少ないということが挙げられます。

一方で学習者数の数を考えてみると、「古文・漢文」の学習者は主に高校生であるのに対し、「英語」の学習者は高校生に限らず、社会人も対象となるので、学習者数でいうと「英語」の方が圧倒的に多いと考えられます。

以上のことから、「英語」の方が学習者が多いが、ライバルが多すぎて稼ぐのが難しく、結局ライバルの少ない「古文・漢文」の方が稼げるジャンルであったということが分かります。

このように、Google Adsenseで稼ぎたい場合、テーマ選びが非常に重要となり、ライバルが少ないがそこそこの需要があるジャンルを狙うのが良いでしょう!

Adsenseブログ(サイト)に挑戦する価値はあるのか?【結論:ない】

Adsenseブログで収益化を始めようとしている方に私がアドバイスするとしたら、絶対に「やらないほうがいい」です。

なぜかというと、全然稼げないからです。

最初に月3万円稼ぐまでに、少なく見積もって1,323時間かかったと書きましたが、これは記事ひとつあたり3時間かかったと仮定して見積もった時間で、実際のところはひとつの記事をとても丁寧に書いていたり、サイトのデザインをアレンジするのに時間をかけたりしていて、1,323時間の1.5倍~2倍くらいの時間をかけています。

仮に時給800円で1,323時間働いたとすると、106万円くらい稼げます。実際かけた時間で考えると159万円~212万円くらいの金額に相当します。

一方で、サイトからの収入は34万円ほどだったので、バイトするよりも当然少ない収入で、1,323時間をもとに時給に換算すると時給257円くらいです。

こんなにも稼げないサイト運営を私が続けている理由は、お金がすべての動機となっているわけではないからです。

お金以外にも次のような考え方でサイトを運営している為、続けていられるのです。

サイト運営の心構え

・サイトを自分の勉強内容や調べたことを記録するノート代わりとして使っている(ネット上にあるので、いつでもどこでも見れるノート)

・サイトの内容を教材として、塾や個人指導などの講師ができる(ネットで稼げなくても講師としての職にありつける)

・勉強を頑張る学生が無料で学べる学習サイト運営を通して世の中の役に立っている(社会貢献)

サイトの紹介

せっかくなので、最後に私の5つのサイトを紹介したいと思います。

サイトはwordpressを使っています。

サーバーはさくらサーバーを使っています。プランは「スタンダード」を使っています。

ドメインはお名前ドットコムで取得したものを使っています。

wordpressテーマは有料のテーマ「Diver」と「Affinger」、そして「Divi」を使っています。

「ある英語講師の英語研究部屋」(Diver)

「国語 古文 漢文 徹底研究」(Diver)

「JPGRAMMAR」(Divi)

「マーてぃん学校(当サイト)」(Affinger5)

「外国人に日本語を教えよう! - 今日から君は日本語教師」(Diver)

-未分類

© 2022 マーてぃん学校 Powered by AFFINGER5